夏の胡蝶蘭育て方について

夏の胡蝶蘭育て方について

日本の夏における胡蝶蘭の育て方

日本の夏における胡蝶蘭の育て方を5つのテーマに分けて説明します。

日照管理

胡蝶蘭は直射日光が苦手なので、明るい日陰で育てるのがベスト。午前中の柔らかい光が理想的で、窓際のカーテン越しの場所などが良いでしょう。

温度管理

胡蝶蘭は25~28度の温度を好みます。夏の暑さは避け、室内ではエアコンなどで温度を調整しましょう。高温を長く続けるとお花が傷んでしまうこともあるため注意が必要です。

湿度管理

湿度は50~60%が理想的。日本の夏は湿度が高くなるため、雨の日などは除湿器の使用や風通しを良くして調整します。乾燥を避けるために、水を散布するなどして適切な湿度を保つ工夫も必要です。

水やり

胡蝶蘭のバークや、水苔がが乾いたらたっぷりと水をあげます。夏場でも4,5日に1回の水やりが目安。
あくまでも目安ですので何日かに1度は水苔などの植え込み材を触って乾燥しているか確認しましょう。
あまり水をやるすぎて、根腐れは防ぎましょう。

害虫対策

胡蝶蘭の夏の害虫対策は重要なケアの一部です。夏に多く見られる害虫には、アブラムシ、コナジラミ、ダニなどがいます。以下の方法で対策を行いましょう。
観察: まずは植物の状態をよく観察し、害虫の兆候がないかチェックします。葉の裏などに小さな害虫や黒い粘液が見られたら注意が必要です。
手作業: 軽度の害虫感染の場合、水やぬるま湯で洗い流すか、手作業で取り除くことが可能です。
天然の殺虫剤: 重度の感染には、石鹸水などの天然の殺虫剤を使用し、スプレーすることで害虫を駆除します。市販の無農薬の殺虫剤もオプションとして考えられます。
予防: 予防として、定期的に葉を拭いたり、周囲の掃除をしたりすると、害虫の発生を減らすことができます。
夏の高温多湿な環境は害虫が発生しやすい条件となるため、これらの対策をしっかりと行い、胡蝶蘭を健康に保つ努力が必要です。
これらの管理をバランス良く行うことで、胡蝶蘭を夏の日本でも健康に育て、美しい花を長く楽しむことができます。

11件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
ベストフラワー一押しの安くて高品質の胡蝶蘭 最高級のお花 ブランド胡蝶蘭
予算2万円 予算3万円 就任祝い
売れ筋ランキング

胡蝶蘭専門店Best Flowerで人気の商品をご紹介!
ご購入、プレゼントでお悩みの際のご参考に。

マイページ

マイページ


メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

現在のカゴの中

カゴの中


合計数量:0

商品金額:0円

胡蝶蘭専門店ベストフラワー 営業日カレンダー
2024年03月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2024年04月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

※赤字は休業日です

ページトップへ